お伊勢参りの前後に 豪商の歴史を辿る、松坂散策

伊勢神宮を満喫したあやばず、続いて松坂市へ向かいました!

伊勢神宮からも程近い、伊勢市のお隣「松坂市」

松坂と言えば松坂牛しか頭に浮かばないのですが
歴史に残る有名人を多数排出している街。

至るところに古い建物や歴史を感じる佇まいが残されていました。

半日もかからず散策できるコンパクトさが丁度良く
今回のあやばずのように伊勢神宮への旅の前後で寄れちゃうのも良いところです♪

松坂駅

三重県の県庁所在地である津駅の次に大きな駅なんだそう。

伊勢神宮(内宮)最寄りの近鉄「宇治山田」駅より特急で15分位です。

松坂駅 松坂駅

JR東海と近鉄が乗り入れる駅で、ホームもたくさんありました。
結構大きな駅。

ここから松坂市内を歩いて散策します。

必見!!御城番屋敷(ごじょうばんやしき)

松坂駅から15分位歩くと見えてくる松坂城跡!

城跡よりもその道中にある武家屋敷がおすすめとのことで、
案内してもらいました♪

それが想像以上に素敵でした!!
こちらです。

松坂_御城番屋敷

何この絵画のような風景!
石畳と生け垣が見事に整備されていて美しい〜✨

タイムスリップですね。

松坂城に警備に当たった武家とその家族の為に建てられた武家屋敷なんだそう。
すごいのが、今でもその子孫が住んでいるということ。
どうやってこの美しさと統一性を維持管理できるんだろう。

奥には松坂城跡があるのですが今回は時間がなく行きませんでした。
城跡から見下ろす御城番屋敷もまた素敵なようなので次回行きたいと思います!

屋敷の一部は市が買い取り一般公開されているそうで。
中にも入ってみたいなー。

御城番屋敷
https://www.matsusaka-kanko.com/information/information/gojyouban/

ちなみに
あやばずが入ってみると

御城番屋敷

いやポージング下手か。

まじで自分だけ切り取りたい。

松坂出身だった、三井財閥の創業者

越後屋(現在の三越)の創業者である三井高利
つまり三井財閥の前身を築いた方なのですが実は松坂出身だったのです!

知らない人も多いのではないでしょうか?
私も知りませんでした。

三井家発祥の地

こちらは三井高利の生誕の地。

立派な門構えですね。

現在建物は残っておらず、この門のみ。

越後屋開業は51歳!実は遅咲きだった三井高利

この時知ったのですが
越後屋を立ち上げたのは三井高利が51歳の時。

若くして成功したのではなく、遅咲きだったんですね。

その年でこの地から商いを始め、江戸に進出し
あの三井財閥が生まれたと思うと何だか感慨深いです。

豪商ポケットパーク 三越のライオン像にまたがって見る

三井家発祥の地から徒歩10秒、交差点の角に広がる休憩スペース。

こんなところに三越のシンボル、ライオン像が!

豪商ポケットパーク

普段三越前のライオン像に乗ることなんてそうできないので乗ってみました。
(でも遠慮がち)

後から知ったのですが
こちらは江戸時代に越後屋本店があった場所らしく、
このライオン像は3年前位に三越伊勢丹ホールディングスより寄贈されたのだとか。

本物だった。

豪商と呼ばれた商人の住まい

江戸時代、松坂は三井高利を筆頭に松坂商人と呼ばれる商人達の「豪商の街」であったそうで、
その豪商っぷりを感じられる建物が今もなお残されていました。

松坂商人の館 旧小津清左衛門家(きゅうおづせいざえもんけ)

こちらは松坂商人の館とも呼ばれ、一般公開されています。
見るからに立派な門構えで当時の繁盛ぶりが伺えますね。
中もかなり広そう。

旧長谷川治郎兵衛家(きゅうはせがわじろべぇけ)

こちらも豪商と言われた松坂商人、長谷川次郎兵衛の本宅。

広大な敷地に庭や蔵、様々な展示もされているそう。

松坂散策まとめ

急ピッチで案内してもらった松坂市内散策、如何でしたでしょうか。

本来松坂もめん手織りセンターやお屋敷の見学も行きたかったのですが
お伊勢参りで楽しみ過ぎて、その時間がありませんでした。笑

お屋敷の見学をされたい方は、営業時間要チェック!

またまた内容のうっすいレポになってしまいましたが
松坂はこのように短時間でも立ち寄れるコンパクトさで、
御城番屋敷は全国的にもなかなか見ることができない
美しい武家屋敷群です!

ぜひぜひ立ち寄ってみて下さい。