【伊勢神宮】おはらい町通りで楽しむ古き良き日本の街並み

昔から古い建物や街並み大好きあやばず。

なかなか行く機会がなかった三重県に行ってみたら
そんな素敵な街並みがたくさんあり、ハマってしまいましたー♡

三重県と言えば伊勢神宮だと思いますが
そこ以外にも素敵な場所がたくさん!

ちょっと行きにくいけどぜひぜひ三重県、足を運んでみて下さい^^

今回は熊野花火大会の時期に合わせた旅でしたが
強力な
に三重県の良かスポットをピンポイントで連れて行ってもらえたのです♪

江戸時代のお伊勢参りの案内人、御師

いやいきなり御師って何だよって話ですよね。

御師とは、お伊勢参りに訪れる参拝客の世話や案内をする人のこと。

お伊勢参りが大ブームとなった江戸時代には
「一生に一度は行きたい」と全国から人々が伊勢神宮へ訪れたのです。

現地で参拝客をもてなすだけでなく自ら全国旅をし伊勢参りの魅力を伝えたそうで、
ブームは御師の影響も大きかったのかもしれませんね。

今回三重出身の現代版御師が私の旅をエスコートしてくれました♪
(御師の存在は後から知ったので完全に後付け)

まずは定番のお伊勢参り

⚠️今回、天気に恵まれたことと(真夏日でめっちゃ暑かった、!)
カメラアプリの性能の良さでとてもキレイな写真が撮れました。
CGかってくらい。

宇治山田駅よりバスで内宮へ

到着したのは宇治山田駅。

宇治山田駅 宇治山田駅

近代建築風でしたが駅舎が素敵で思わずパシャリ。
なんでも結構有名な建築なんだとか!(あんまり聞いてなかった)

本来御伊勢参りは外宮から内宮へ、等定番ルートがあるそうですが
旅の目的が伊勢神宮だけではなかったので、色々割愛。(御師判断)

時間がないのと猛暑なのでバスで内宮へ向かいました!

伊勢神宮のメインストリート、おはらい町通り

いきなりきたー!

どーん!

内宮

どどーん!

おはらい町通り

どやー!

おはらい町通り

右も!左も!

私の大好きな古民家が全員集合したかのように
味のある木造の建物が並んでいました!!

おはらい町通り おはらい町通り

すごくないですか?

維持管理費がかさみオーナーさんが負担できなくなり
取り壊される古民家を見てきたあやばずからすると
不思議でたまらない。

なんで残せるの??観光客いるからか。

語彙力ないんですがとにかく
最初から感無量。でした。

【ランチ】御師おすすめ、手こね寿しの「すし久」

伊勢神宮_すし久_外観

腹が減っては戦はできぬ!
と言うことで御師おすすめの手こね寿司、麦とろろが有名な
「すし久」に行きました。

伊勢神宮_すし久

いや〜かっこいい。

も外観の期待を裏切らない素敵な造りでした!

店内の雰囲気

案内されたのは1階でしたが2階までの中央の吹き抜けが立派で
つい探検してしまいました。

おはらい町通り_すし久_内観 おはらい町通り_すし久_内観

吹き抜けの壁面には家紋と名前が記された板がたくさん。
支援された有力者か何かでしょうか。

おはらい町通り_すし久_内観

まぁ立派。

おはらい町通り_すし久_内観

かっこいい。(語彙力)

名物、手こね寿しと麦とろろ御膳を食す

おはらい町通り_すし久_手こね寿司

こちらが名物料理の「手こね寿し」。
カツオに醤油が漬け込まれていて、ご飯に合います♪
肉厚なカツオはかなりお腹にたまります。
おいしー!

おはらい町通り_すし久_麦とろ

こちらは「麦とろろ御膳」。
とろろも美味しい♡
胃袋ブラックホールあやばず、御師が食べ切れない分まで頂きました。

【お茶休憩】赤福本店

伊勢神宮に来たらぜひ味わいたい、赤福本店のできたて赤福!

早々に食べてばっかり。

そしてカメラアプリのすごさを一番感じた画像がこちら。

伊勢_赤福本店_外観

鮮やかすぎて偽物に見える。笑

伊勢_赤福本店_内観

さすが赤福本店、行列でしたが
そんなに待たずに中に入れました。

赤福本店 店内の様子

伊勢_赤福本店_内観

手前にはテーブル席もあったと思いますが
五十鈴川を眺めるのであれば広い座敷でそれぞれ自由に座って食べましょう。
庭側は眺めも良いので人気です。

あやばずは「映え」の為に待ちました。(キリッ)

伊勢_赤福本店_内観

しかし本当に眺める景色が美しい!

できたての赤福が味わえる「召し上がり盆」(番茶付き)

伊勢_赤福本店_赤福

8月の真夏日だったので、夏限定の「赤福氷」や「冷やしぜんざい」等
冷たいメニューにも惹かれましたが、まずは定番の赤福で♪

できたての赤福を抜群の景色を眺めて食べれて大満足です。

そして待った甲斐があり素敵な写真が撮れました♡

伊勢_赤福本店_赤福撮影:あやばず
伊勢_赤福本店_赤福撮影:御師

いつか食べてみたい「朔日餅」

毎月一日限定で販売される朔日餅。
確か早朝から大行列なんですよね。
パンフレットを見てるといつか食べてみたいなーと思いました。

伊勢_赤福本店_朔日餅

伊勢神宮、内宮へ

おはらい町通りを満喫し過ぎて本来の目的地を忘れるところでした。

いざ内宮へ。

伊勢神宮_内宮_宇治橋_大鳥居

写真がさっきから映え!
紫外線すごい浴びたけど行った甲斐があったと言うもの。

宇治橋を渡る

宇治橋は現世から神聖な世界へ渡る橋と言われているそう。
心して渡りました(本当か)

伊勢神宮_宇治橋

女の子が可愛かった。

御手洗場(みたらし)で身を清める

伊勢神宮_手水舎_御手洗場

五十鈴川の川辺で手を洗います。
冷たくて気持ちよかった。

伊勢神宮_手水舎_御手洗場

川の流れが非常に穏やかなので、水の透明度が高く
とてもキレイでした。

伊勢神宮_手水舎_御手洗場

見ているだけで心が洗われます〜。

伊勢神宮_内宮_wifi

ちなみに内宮はフリーWi-Fiあり。

天照大神の祀られている皇大神宮

やって参りました!
どんなところなんだろうか??とワクワクしていたのも束の間。

御師「中には入れやん(入れないよ)」

あやばず「・・・え?」

御師「ここから覗くだけ」

あやばず「そっかー、(そう言えばテレビで聞いた気がする)」

御師「撮影も、この石段の下までしかできやん」

あやばず「・・・!!」

感動を取っておこうと下調べしていなかった。笑
しかも建物の全貌は見えず、、先に予習しておくべきだったなー。

と言うことで石段の下で撮った写真がこちら。

伊勢神宮_内宮_皇大神宮

日本の神様の総本山ですもんね。
そんな神聖な場所ですから、撮影禁止がたくさんあるのも頷けます。

御利益があると言われる杉の木

伊勢神宮全体がパワースポットのようなもので
多くの巨木がある中、こちらの杉の木はパワーが強い?そうで、
通る方々が手を触れていました。
そのせいか表面がツルツルに。

伊勢神宮参拝では下調べが如何に大事かを学びました。

時間も限られていたので
伊勢神宮はまた改めて訪れたいと思います。

【日本酒立ち飲み】おはらい町通り再び

伊勢神宮参拝という目的を達成した我々は
おはらい町通りの立ち飲み屋に吸い込まれるように入って行きました〜。

白鷹三宅商店

おはらい町通り_白鷹三宅商店

日本酒と濁り酒。
お腹はいっぱいなので塩で頂くのがちょうど良かった!

昼からお酒を飲める贅沢♡

おはらい町通り_白鷹三宅商店_日本酒

伊勢萬 内宮前酒造場

思い出せないけど2軒目はしごしていました。笑

こちらもたくさんの種類があり、立ち飲みできます。

お店の方に注いで頂き。

おちょこで飲む日本酒は少量で軽く飲めるのでいいですね♪

おかげ横丁

続いておはらい町通りからすぐのおかげ横丁へ。

ここであやばず突然の顔出し。
(でも勇気なくてぼかし入れてます。笑)

おかげ横丁

うん、中途半端。笑
個人で緩くやってるブログなのでお許し下さい。

おかげ横丁は江戸時代のおかげ参りの頃の伊勢の様子を再現した町だそうで、昔ながらの街並みが連なっていました。

有名なフォトスポット。
たくさん順番待ちしていたので並ばず。

タイムスリップ!

こうゆう縁側いいですね♪

おはらい町通りと違って入り組んでいる街並みが
昔のそれっぽくてまた良かったです。

お店の2階から。

お気に入りの1枚。
朱色の麻の葉模様の格子がかわいい。
日本の伝統的な和柄大好きなんです。

まとめ。ただただ写真が載せたかった

現代版御師のおかげで短時間でいいとこ取りできて、初の伊勢参りを堪能できました♡
ありがとうございました!

レポの内容はうっす〜いですが、、
日本の伝統的な街並みの美しさを発信したかった!!

これに尽きます。

これだけ賑わっていれば
古い建物を維持管理できるということなのかな。
伊勢神宮周辺には伝統的な日本建築に詳しい大工さんが
たくさんいて、ちゃんと後継者もいるのかな。
国や地域からの補助金があるのかな。

とまぁ色々と考えてしまいましたが
自身のテンションの上がり具合に、
やっぱりあやばずは日本の古い街並みが好きなんだなーと感じました。

そして神社仏閣というより
昔の人々の暮らしや生活が感じられる家や街にこそ惹かれるんだなと。
だから御朱印集めには興味がなくて、古民家が好きなんやな。

御伊勢参りに行ったことがない方はぜひ、
街並みを楽しみ、食を堪能しながら
江戸時代の人々の憧れだった「御伊勢参り」を体験してみて下さい♪