デザイン

大田区のアイアンマン

ナベさんにお声かけ頂き、「モノづくりのまち」大田区の工場見学をしました♪

訪れたのは大田区南大森!

のどかな街には小さな工場が至る所にありました。
昔ながらの街工場がそのまま残っているかんじで
ただ歩いてるだけでもおもしろい♪

実はバスに乗り遅れ、タクシーで向かったのですが
タクシーの運転手さんに住所を伝えると
「行き先鉄工所ですけど本当にいいんですか?」と聞かれました。
その後の予定の関係で小綺麗な格好をしていたので
街の鉄工所に行くように見えなかったんでしょうね。笑


今回訪れたのは足助鉄工所さん。
スチールを用いた家具や什器を制作しています。

どーん!!
味のあるサニトラがお出迎え。


かっこいい~!


このサニトラは納品先でも好評らしくアイコンのような存在なんだそう。
インダストリアルな雰囲気にぴったりですね♪

この工場の代表兼職人であるお二人で
足助成一朗さん(右)と下山林太郎さん(左)
下山さんの貫禄で一見足助さんが弟子に見えますが師匠は足助さんです笑

代表の足助さんは、世田谷区にある鉄工所に12年務めていましたが


建築鉄工だけではなく家具や什器等の製作にもっと力を入れたい!!


という熱い思いで昨年末に独立したばかり。

そこへ下山さんが加わったのだそう。

作業場はこんな感じです。

THE 職人さんの作業場!

流行りの「インダストリアルデザイン」ではなく
これぞ本物の「インダストリアル」!
(インダストリアル=工業的な という意味です)

仕事柄、造作家具の制作で図面を見たり職人さんと話すことはあるのですが
実際の作業場を訪れたのは初めてで、色んなものが気になる気になる。笑

壁面のOSBボードにはきれいに整理整頓された工具がずらり。
OSB合板のDIY感が好き♪
工具とワゴンの赤がアクセントになっていて、またおしゃれ!

こちらは鉄板をレーザーカットしたもの。
細かい文字でもきれいにカットできるんですね!
小さくてかわいい~♡

お二人は運命的な出会いの末今一緒にモノ作りをしているのですが
その出会いのきっかけとなったこちらの自転車もなんと手作り!!

え、自転車って作れるんですか、、?

売られている自転車しか買ったことのない私にはもはや分からない領域です。笑

ただこの自転車が仕事をする上で重要なんだそう!

モノ作りの街、大田区で新しい挑戦に向かうお二人からは
モノ作りが純粋に好きであり、極めたい
という職人魂のような熱い想いを感じました!

そして人情味溢れる地域のコミュニティや繋がりが素敵で
心温まるお話もたくさん聞かせて下さいました。
そのお話も今後紹介させて頂きますね。

お二人共、お忙しいところありがとうございました♪

大田区は、起業支援に力を入れています。

大田区がモノ作りの街としての知名度を上げて
彼らのようなモノ作りで起業したい人が集まれば
街全体が活性化して良い相乗効果が生まれるのではないでしょうか♡


足助鉄工所のお二人ももちろんですが
大田区全体をモノ作りのまちとして盛り上げていきたいですね^^
(そんな私は品川区民。笑)