デザイン

臨場感抜群で盛り上がる!OVER ALLs 山本勇気氏のライブペインティングパフォーマンス@Pullman Tokyo Tamachi

興味のあることには片っ端から首を突っ込んでみるあやばずです。

そのおかげかおもしろいイベントにお声かけ頂くことが多いのですが

今回はOVER ALLsの代表、赤澤岳人氏にお誘い頂き
普段なかなか行けないようなVIPなイベントに行って参りました♡

OVER ALLsって?

アートで日本を楽しくする会社!

OVER ALLsは企業向けにアートビジネスコンサルティングを行なっている会社。

企業理念、会社の歴史、会社の未来をアートで表現したり、
要望に合わせて様々な提案をしてくれるんです。

代表の赤澤岳人氏副代表兼画家の山本勇気氏が本当に最高のコンビで
畑の違う2人が手を組んだからこそこんなおもしろいビジネスができるんだと思います。

アートって難しいイメージがありませんか?

あやばずはインテリアデザイン業界に転職したものの
アートへの苦手意識が強くて。
インテリアコーディネーター仲間でもそうゆう人、多いんです。

OVER ALLsはそうゆう堅苦しいものとか頭でっかちな考えを全部取っ払ってくれて
アートを通じて感動したり、楽しんでもらうことを追求しているんです。

アートに詳しくない素人にも間口を広げてくれているというか。

詳しくはこちらをご覧下さい。
彼らの活動や、目指していることが分かりやすく取り上げられています!

あやばずとOVER ALLsの出会い

聞いてないって?
お付き合い下さい。笑

インテリア企画系の仕事をしているあやばずは様々な展示会に足を運んでいます。

好奇心の塊のあやばずにとって、新商品の展示会はまさに大好物♡

OVER ALLsはまさしくその展示会で知りました。

あやばずは淡い色合いが好きなので
派手なものはどちらかというと苦手なんです。

なのでこの2人を見た時、初めはド派手やな、、と思っていましたが笑
話しを伺うと、ただ派手なんじゃなくてやってること、企業理念が

めちゃくちゃかっこいい。

アート楽しんでる感、めっちゃ出とる!

これぞ企業や人々に必要とされるアートだ!と感じ、すっかり共感してしまい
代表の赤澤氏と盛り上がりました。(一方通行じゃないって、私信じてる。笑)

OVERALLS,展示会,赤澤岳人展示会での一コマ。
(お願いしたら快くポージングしてくれました)

右上がサラリーマン時代です。
だいぶ個性が爆発しましたね。

レスラーのような髪型で、見た目こわいけど笑
人望があり、熱くてノリ最高な赤澤氏です。

そんな出会いがきっかけで、今回お声かけ頂きました♪

イベン概要

プルマン東京田町 1周年記念アートイベント

OVERALLS,ライブペインティング,プルマン東京,artnight

2019年10月1日に1周年を迎えたプルマン東京田町が
その記念イベントとして開催する「Art night」。

そのイベント会場で、山本勇気氏が
ウォールアートのライブペインティングパフォーマンスを行うというものです。

プルマン東京田町とは

世界最大級のホテルチェーン•アコーホテルズが手がけるプレミアムブランド「プルマンホテルズ&リゾーツ」の日本初上陸となるホテルで、10月で1周年。

「歌舞く」をコンセプトテーマとしたモダンなデザインと和のこまやかさを融合させた
スタイリッシュな内装です。

プルマン東京,田町,ホテル,スタイリッシュエレベーターホール。和紙かな?光沢のある壁がライトで照らされてよりスタイリッシュな雰囲気です。
プルマン東京,田町,ホテル,スタイリッシュホテル,和モダン歌舞伎のアート!大きくて目を引くと共にコンセプトが伝わりやすいですね✨

「アーティストプレイグラウンド」プロジェクト

今回のArt nightは様々なアーティスト達が活躍する機会を作る
というプルマン東京田町のコンセプトのメインイベントでもあり

アートやデザインに力を入れているホテルなだけあって
他にも様々なアーティストが出演していました。

「Art night イベントレポ

プルマン東京田町 初潜入!

プルマン東京,田町,ホテル,駅近田町駅徒歩3分。駅から屋根付きのデッキ直結で好アクセス♪

急なお誘いはよくあって、1人で参加することも多いのですが
今回はハイクラスホテルルーフトップバーでのパーティーイベント。

字面がオシャレで気後れするあやばず、
友達を誘ったのですが行き違いで来れなくなり( ´Д`)まじかー

覚悟を決めて、潜入しました。

ルーフトップバー「Platform9」内イベントの様子

アートナイト,プルマン東京,田町,ホテル,artnight,

受付を済ますとプラットフォーム9までのホールには山本勇気氏の作品がずらり。
既に山本ワールド!

店内に入ると、、、

プルマン東京,田町,ホテル,platform9,artnigjt,1周年イベント

DJのノリノリな音楽に(語彙力のなさ、w)
雰囲気抜群の店内、そして外国人のゲストが多く英語が飛び交います。

THE TOKYO感にたじろぐあやばず。

プルマン東京,田町,artnight,platform9,ホテル プルマン東京,田町,artnight,platform9,ホテル

空に抜け開放感のあるルーフトップテラス!
気候の良さも重なりとっても心地良い〜✨
田町なので周囲はオフィスビルが多く、こんな非日常空間にいるとなんだか優越感笑

インスタグラマー?女優さん?てかんじの
オシャレで華やかな方々で賑わっていました。

プルマン東京,artnight,1周年記念イベント

古典的な絵ではないスタイリッシュな屏風が映えますね!
インスタグラマーさん(予想)がこちらでも写真を撮られていました。

プルマン東京,1周年記念イベント,artnight

アイスかな?氷に刺さっていて演出がおもしろかった。

誰かと一緒だったら食べてみたんだけどな〜

最先端のホテルはインテリアのトレンドの勉強にもなるし
本来なるべく足を運んだ方が良いのですが1人で乗り込んでしまったあやばず。

正直、猛烈に後悔しました。笑

せっかくなら誰かと一緒にオシャレ〜!とかきゃっきゃ言いたいのに
感動を共有できる相手がいない、、、( ; ; )

もう帰ろうかいな、と何度も思いましたが
それでも、山本勇気氏のアートライブの完成見たさに留まりました!

山本勇気氏によるライブペインティングパフォーマンス

platform9,livepainting,OVERALLS,山本勇気

どーん!

お店の入口近くの壁面で既にパフォーマンスは始まっていました。
下書きは元々されていて、そこに色付けしていくようです。
大きく描かれた女の子、東京タワー、電車が見えますね。

 

と思ったら下書きを無視して大胆にペイントしていく山本氏。

あれれ〜?

「come true」の文字が描かれていき、どんどん下書きの存在が薄れていきます。

イベント中に注目され続けるライブペインティング

プルマン東京,OVERALLS,artnight,

会場では山本氏のパフォーマンスを写真や動画で撮る方がたくさん。

確かにペイントしているのを間近で見れることってなかなかないですもんね!

まぁ広報系の方以外で一番写真を撮りまくっていたのは私だと思いますが。笑

プルマン東京,OVERALLS,artnight,

いよいよアートの完成形が分からなくなる。笑

皆さんもアートの進捗が気になる様子です。

 

途中、赤澤氏がお仲間を紹介して下さり(お優しい、、)

話し相手ができたあやばずは一気に楽しくなる♪

デザイン事務所の方もいらっしゃって、「こんな会社なかなかない!」とOVER ALLsのことを絶賛されていました。

会話が弾んでいるうちに、山本氏のアートが終盤に!

文字の部分にだけ下書きに着色され、女の子が浮き上がってきました。

な、なるほど〜!

丁寧に仕上げていく山本氏。

見守りつつ談笑すること数十分、ついに完成!

ジャーン!

と言いたいところですが引きの写真がない、、残念過ぎる。泣

絵の完成と共に山本勇気氏からアートのコンセプトについてお話が。

アートに込められたストーリー

ー山手線車内でくもった窓ガラスに「come true」と指でなぞる女の子。
そのなぞられた文字にだけ、窓越しに見える東京タワーや高層ビルがきらびやかに映し出されると共に、未来への期待と不安を胸に抱いた女の子が反射し浮かび上がるー

アートの美しさだけでなく
そんなストーリーがあったのか、、、!!

と更に感動。

女の子の瞳の強さと表情が何とも言えないメッセージ性があり
ずーっと眺めていたいかんじ。

上京している方にとって共感するところがあるのではないでしょうか。

あやばずも上京したての頃は
厳しい専門学校でやっていけるかも分からず
卒業できても転職がうまくいくかも分からない、

でも好きなインテリアが学べる、
憧れだった東京暮らしを経験できる!

と本当に期待と不安半分だったなー、と当時を振り返りしみじみ。
目頭が熱くなりました。(本当涙腺緩いんです)

プルマン東京の支配人と共に。位置的に支配人が書きました感が。笑

カラーライトがなくなると、また色合いが変わり鮮やかに✨

色んな印象を見る人に与えるアートだなーと感じました。

そしてパフォーマンス中は薄暗かったり、ピンクやグリーンのライトに照らされていましたがよく描けるなーと思いました。
さすがプロですね。

絵の実力もさながら、ライブパフォーマンス中に観客へのサービスもできて
人前で話もできて、尚且つイケメン。
山本氏のポテンシャルの高さに脱帽です。

最後まで残って本当に良かった!!

豪華なパフォーマー

イベントの途中にパフォーマンスタイムがありました!
こちらも迫力がありすごかったのでご紹介。

どこから音出てるの??BEAT BOXTATSUYAさん

何重にもなる音を出していて、????てかんじでした!
めちゃかっこいい!!

そもそもヒューマンビートボックスを知らなかったので後から調べました。

BEAT BOX とは
口や鼻からの発声(時に手を口に当てたり、舌も使う)による擬音により、レコードのスクラッチ音や、ベース音、リズムマシンのミキシングによる音色の加工や変化などを基本的に1人で全て再現し、様々な音楽を作り上げるテクニック。
フジテレビ系人気バラエティ番組のコーナーからはじまったハモネプにより、ボイスパーカッションの知名度が全国区となりましたが、ボイスパーカッションはアカペラ発祥であり、ヒューマンビートボックスはヒップホップ発祥の文化です。
(日本ヒューマンビートボックス協会HPより)

このテクニックがあれば、楽器何もいらなくなるんじゃないかな。笑
イベントに来てなかったら絶対知らなかったな〜。

ダンサー、Jyunkiのアクロバットなパフォーマンス

動画が少ないのですが、、、
ブレイクダンス(であってますか?)はテレビで見ても、間近で見たことがないので迫力に圧倒されました!
どんな身体の作りなんだろうか。

腕立て伏せもできないあやばず、まずこのダンス成り立たない。

ヨーヨーパフォーマー、Shu Takadaとビートボックスのコラボ!

これ本当にすごくてヨーヨーが生きているみたいでした!

世界で唯一のダンスやアクロバットとの融合ヨーヨーパフォーマンス!
(後で調べた)

1人だったにも関わらず興奮した私の声が入ってます。痛

このイベントに来てなかったらヨーヨーパフォーマンスがここまで進化しているなんて
知らなかった!

いやー、本当にエンターテイメント性に富んだパーティーでした。

あやばずが感じたこと

デザイナーズホテル✖️アーティストは相性が良い

ホテルのコンセプトに沿って、山本氏のアートも1年後には新しくなるそうです。

アーティストを育てて一緒にホテルを盛り上げようというコンセプトが伝わる
イベントで見応え十分で本当に楽しかったです。

こうゆう会社が日本の企業でももっと増えると良いなー。

知らない世界に触れることの大切さ

好奇心旺盛だけどビビリなあやばずは
なんとなくこわい人がいそうでこうゆうイベントに気後れしてしまうのですが
足を踏み入れたからこそ世界的なパフォーマンスを目の前で見れたり
刺激がたくさんありました。

盛りだくさん過ぎてこの記事をまとめるのに20時間かかりました。(え笑)

同じ業界だけで集まるのも良いけど
ジャンル問わず色んな業界や知り合いに交流を広げた方が
仕事に繋がったり、新しいアイディアや企画に結びついたりすると再認識。

そして、どんな業界でも極めている人は素敵です。

やっぱりOVER ALLs のやってることかっこいい!!

アートビジネスって最近広がってきてはいますが
実際は難しいところが多々ありまして。

というのも、
アーティストさんやデザイナーさんは自分の作品に対するこだわりが強く
自分のコンセプトやポリシー、世界観を曲げたくない人が多いんです。

なので、企業に依頼されたことを受け入れる下さる人が少なくて。
(全員ではありません!そして何だか偉そうですみません)

確かに自分のポリシーを貫いたことで成功している人もいますが
生活が苦しくなって辞めてしまう人も多いんですよね。

せっかく持っている特技や個性がもったいないなーと感じてしまうんです。
ましてや企業側はデザインできる人を求めているのにお互いがマッチしていない、、

けど、OVER ALLsは違います。

人をアートで感動させることを重視していて、且つそのクオリティがめちゃめちゃ高いんです!

企業理念に合わせたアートを
企業と一緒に考えて、提案してくれます。

アートにメッセージ性がプラスされると最強なんですよ。

あやばずインテリアデザインの仕事してるくせに感性が低いので
アート見て説明もなしに「感じるんだ」的に言われてもぶっちゃけ全然分からない。

美術館に行ってもどこらへんがすごいのか分からない。

デザイナーのメッセージやこだわりが込められていたとしても

伝わらないと意味がないと個人的に思ってます。

口にすることをカッコ悪いっていう人や
分かってくれる人だけ分かってくれたら良いとか
アートに商売っ気出すことに嫌悪感を出される方もいると思いますが

口にしたことでより多くの人にそのメッセージが伝わり感動してもらえたら
それが
そのアートが活きることになり、よりそのアートの価値が見出されるんじゃないのかな
ともったいないおばけのあやばずは感じずにはいられません。

なので、赤澤氏や山本氏の考え方にめちゃめちゃ共感していて
今後も活躍の場を増やして欲しいなと思っています!

次にどんな企画をされるのか、わくわくしながら応援しています。

最後に

イベント後には山本氏が丁寧にアートの仕上げをされたとのことで写真を頂きました。

pullmantokyo,overallsphoto by RINO KOJIMA

迫力のあるアートですよね!

山本氏の描く人物には目力がある。

このアートが見れるのも1年限定なので、皆さんもぜひプラットフォーム9
足を運んでみて下さい♪

あやばずも完成形を見たいので行ってみたいと思います。
そして福岡から友達が遊びに来た時には
連れて行って自慢したいと目論んでます♡

盛りだくさんな記事になってしまいましたが
最後まで読んで下さりありがとうございました^^

最後は赤澤ファミリー(勝手に命名)で